運気UP以外の何者でもない

NLPとは? NLPとは1970年代にカリフォルニア大学に在籍していた リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが研究をスタートさせた心理学です。 元々は欧米を中心にセラピー(NLP)の分野で急速に広まったNLPですが、 現在ではその驚異的な効果性を得るために、世界のトップビジネスシーンや スポーツの世界などでも幅広く活用されています。 リチャードとジョンの2人が開発していた当初はセラピーで使うためのものが中心でした。 その後NLPの継承者であるタッド・ジェームス、ジュディス・ディロージャ、 ロバート・ディルツ、コニレイ・アンドレアス、スティーブ・アンドレアスらの功績により、NLPは様々な分野で活用されていくようになりました。 なぜ、NLPが効果が高いと評判になり、 これだけ大きく世界中に広がったのかと言いますと、 そもそもNLPとは、 セラピーの分野で非常に有名だった「3人の天才」と称されたセラピストを分析し、 誰でも同じような結果が出せるよう共通のパターンを見出し まとめられていった心理学だからなのです。 その「3人の天才」とは、 ●催眠療法家の『ミルトン・エリクソン』 ●ゲシュタルト・セラピーの『フリッツ・パールズ』 ●家族療法家の『バージニア・サティア』です。 3人は全く異なったアプローチを行うセラピストでしたが、 それぞれが独創的で劇的な成果を出していました。 NLPとは、この3人を元に、 天才たちが使う『ことばの使い方』や『ノンバーバル(非言語)の使い方』、 そして、『無意識の活用の仕方』を科学的に分析し、体系化され、 誰しもが実践で活用できるようになり大きく発展していくことになりました。 NLPは、近年、日本でも学ぶことがブームとなっていて、 幅広い年代層に受け入れられ、学ぶ方が急増しています。方位別のラッキーアイテムをご紹介します。
実際には個人ごとに違って来ますが、ここでは全体的な意味合いで掲載していますので、参考にして下さい。
コンパスなどを使って「家全体から見た方位」、「部屋の中から見た方位」を出し、方位によりインテリアなどをコーディネートされると全体的に運気がアップします。
方位別運気アップの色とあわせてご覧下さい。

西北 北 北東
乗り物の模型・写真・竹 青色のガラス製の物・和紙・南天 陶磁器・木・赤い花
西 太極(宅心) 東
ラブソファ・金属製の物・黄色い花 フラワーポット 丸いテーブル 観葉植物(鉢植) 植物の絵・籐・チューリップ
南西 南 東南
香りの良い物・民芸品・パンジー 美術品・ステンドグラス・バラ ガラス・薄地の布・朝顔
◎全方位にいい最強の運気アップアイテムはクリスタルです。


各方位の真ん中は考え方が2種類あります。
◎太極→家またはその部屋の中心。家全体のバランス(重心)の中心となります。中国伝統風水の考え方です。
◎宅心→家またはその部屋の中心。家または部屋の四隅から対角線を引いてその対角線が交わった部分が部屋の中心になります。これは家相や日本の風水の考え方です。